台湾を10倍楽しむための最新情報誌!!

【特集】パワースポットでいざ、開運!幸運を呼ぶ 台湾のお寺巡り①

①まずは香炉に線香をくべて祈祷

〇●

④赤い半月型の「擲筊(ポエ)」を手で包み、お御籤を引いていいかを問う

②台に膝をつき、名前と生年月日、住所を心の中で唱える

⑤「一陽一陰」片方ずつ裏と表が出たら「OK」のお告げ

③願い事を具体的に伝える

⑥お御籤を引き、先に書かれた番号を見る

⑦再度「擲筊」を投げ、この番号でいいかを尋ねる

⑧同じく「一陽一陰」が出たらOK、出なければやり直し

⑩「解籤處」でお告げの意味を教えてもらう

⑪「苦労はするけれども、うまく事が運んだ後は案ずるな」とのお告げ

⑨同じ番号の棚からお御籤を引く

入る前に手洗い場で手を洗います。お寺の門は向かって右側から入り、参拝した後は左側から出ます。

これは「龍進虎出(龍から入って虎から出る)」という原則に従ったもので、真ん中は神様の通り道とされています。

また入る際には、門の敷居を踏まないようにすること。

ただし足にけがをしているなど踏まずに入れない場合、神様はわかっているので踏んでもいいそうです。

境内に入ったらまず振り返って参拝。ここに香炉が設置されていることも多いので、線香をくべるとよいでしょう。

おみくじは「籤(チエン)」といい、おみくじを引くことを「求籤(チウチエン)」といいます。

悩みや困っていること、願い事に対して神様の答えを求める、というわけですね。

参拝の際に名前と生年月日、住所を先に伝えるのは、神様にとって参拝者がどこの誰かを知る必要があるため。

もちろん言語は問わないので、日本語で大丈夫。その後は自分の願い事をなるべく具体的に伝えます。

「健康でありますように」よりも「病気をせず、風邪を引いても早く治り、元気で仕事に打ち込めますように」

といった方が神様もアドバイスしやすい、とのこと。

「擲筊(ポエ)」を投げて2つとも平らな面が出ることを「兩陽面」といい、

これは願いの内容がわかりにくく答えられないといった神様の意思表示。再度具体的に祈ってみましょう。

また凸面2枚が出る「兩陰面」は、この願いをするに当たって適したタイミングではないということ。日を改めましょう

龍山寺 ロンシャンスー


100の神が集う  ご利益の百貨店

夜のライトアップも美しい

 

龍山寺は1738年、福建省の「安海龍山寺」から観世音菩薩を分霊して建立。

度々の地震や台風で損害を受けるも、その都度再建・修復されてきた。

正式名を「艋舺龍山寺」といい、艋舺とはこの一帯の旧名。

駅出口からすぐ目の前とアクセスも抜群、門前の交差点から広がる華西街観光夜市と合わせ、

外国人にとっても最も有名な観光地の1つとなっている。

健康祈願や学業成就、恋愛成就、子宝、家内安全、商売繁盛までご利益も幅広く、地元の人も日々訪れる。

お土産用にかわいいお守りはいかが?

 

龍山寺の神様は正殿に6柱、後殿に19柱が祀られている。

門を入って正面に鎮座するのが観世音菩薩文殊菩薩普賢菩薩韋駄天伽藍護法十八羅漢

後殿には学問を司る「大魁星君」、文章や学問、出世を管轄する「文昌帝君」

出世や昇進を象徴する「馬爺」、善悪と賞罰の判断を握る土地の守り神「城隍帝」

同じく土地神で幸福、金運、平安、豊作を祈願する「福徳正神」、海運、貿易業者は祈祷を欠かさない「水仙尊王」

四季の移り変わりを支配し大地や人々に恵みをもたらす「太陽星君」など。

また恋愛成就で知られる「月老神君」、病気平癒の「華陀仙師」も。

線香は1人1本まで無料。とにかく大きなお寺だが、長い時間をかけてすべての神様に祈祷する人も少なくない。

 

info

住:台北市萬華区廣州街211號

電:02-2302-5162

営:6時~22時

U: www.lungshan.org.tw

ACCESSMRT板南線「龍山寺」駅で下車、1番出口から公園を横切った北側向かい

行天宮 シンティエンゴン


占い横丁も合わせて回ろう

待ち合わせスポットとしても人気

 

1943年、現在の迪化街エリアに創建した「行天堂」を起源とし、68年現在の場所に移転。

福建省では道教と仏教や儒教の教えを折衷させた「福建道教」が台湾に持ち込まれ、

さらに変化して「台湾道教」と呼ばれる独自の民族宗教に発展していったという。

「五恩主」へいっぺんにお参り

 

行天宮では儒教における5つの道徳法則「父子の親、君臣の義、夫婦の別、長幼の序、朋友の信」と、

「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の8つの徳「五倫八徳」を宗旨としている。

祀られているのは「五聖恩主」といって、

受験などに際して参拝される後漢末期の将軍「関羽」に八仙の1人で財神の「呂洞賓」

家内安全を守る竃の神「張単」、天気を司る「王善」、中国史上、報国の英雄「岳飛」で、

合わせて「五恩主」と呼ばれる。

中でも関羽と岳飛は武将でありながら商売の神様として称えられ、事業家がこぞって参拝する。

またこちらは厄払いも有名で、境内両サイドの順番待ち行列は撮影NGなので配慮しよう。

またこの近辺には占いのお店や屋台がたくさん出ていて、日本語OKのところも。合わせて今年の運を占ってみては?

 

info

住:台北市中山区民權東路二段109號

電:02-2502-7924

営:4時~22時

U: www.ht.org.tw

ACCESSMRT中和新蘆線「行天宮」駅で下車、3番出口から北へ徒歩2分

 

続きはこちら★