中山エリアのレトロな昭和の純喫茶風カフェ【珈琲時光】黒露珈琲館OLO Coffee Roasters

MRT「台北」駅と「中山」駅を結ぶ地下街のR4出口を出てすぐ、小さな路地を入ったところに「黒露珈琲館」はある。

店名の「黒露」は「黒い露」、一滴ずつ落ちるコーヒーを表すとともに、発音は台湾語の「OLO」、褒める、称賛するという意味も持ち合わせるとのこと。ほかのカフェで修業しながらいつかは自分の店を、と夢を叶えたカップルが2016年6月にオープンさせた。

店内はレトロな昭和の純喫茶風にまとめ、カップやプレートは有田焼の老舗ブランドのものを揃えている。

コーヒーは浅煎り5種に中煎り3種、深煎り1種、中深煎り1種から豆を選び、ハンドドリップかエスプレッソ、カプチーノ、ラテなど飲み方を決めるスタイル。悩んでしまいそうだが、店のオススメを押しつけることはせず、豆のこだわりが強い客への柔軟な姿勢が感じられる。

フードは自家製ケーキにサンドイッチ、サラダも用意。ケーキはオーブンで温めてくれるので、焼き立ての芳ばしさが楽しめる。

店内奥の書棚には、日本の小説のオリジナルや翻訳本も。旅先でも日常の休日のように過ごせる、そんなカフェだ。

●info

黒露珈琲館OLO Coffee Roasters

住:中山区南京西路18巷26之2號
電: 02-2559-9010
時:12時~24時(水曜定休)
FB:olocoffeeroasters

※Wi-Fi・コンセントあり

 

 

関連Topics

  1. 【読者モデル体験リポート】岩盤美浴 悠で岩盤浴・酸素バー135分 +修身磁自然療法40分

  2. 【特集】中国に限りなく近い離島・金門でオールドタウンとグルメを楽しむ②

  3. 【食道をゆく】餛飩(フントゥン)~中国北京市~

  4. 都会の喧騒を忘れさせてくれる隠れ家カフェ【珈琲時光】吉印咖啡 (ジーインカーフェイ)

  5. 【食道をゆく】豆漿(ドウジャン、豆乳)~安徽省淮南市~

  6. ブックカフェでゆったりした時間を【浮光書店】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA