【特集】地元民だけが知っている!? 隠れ夜市②

台湾観光といえば夜市。

ガイドブックやメディアでスポットが当たるのは台北最大の士林夜市、

グルメで有名な寧夏夜市や通化夜市などなど有名どころ。

しかし観光客の少ない夜市こそがディープでローカルな台湾。

今度の旅は知る人ぞ知る夜市に出かけよう!

湳雅夜市(ナンヤーイエシー)

青色のMRT板南線「府中」駅1番出口を出て南西方向へ徒歩15分。南雅南路一段×新興路の交差点にも看板があるが、さらに南西へ下り南雅南路一段×南雅東路から北西が夜市のメインストリート。

2.現煮桂冠湯圓(シエンジューグイグワンタンユエン)

有名な食品メーカー「桂冠」の白玉団子を使っています、と謳う甘味屋。お汁粉60元、焼き餅は40元。甘いものがほしくなったらこちらへ。

3.小野牛牛排(シャオイエニウニウパイ)

夜市によくある牛ステーキ店。中でも夜遅くまで営業しており、ガツンとしたものが食べたい人にオススメ。

 

4.好味道臭豆腐(ハオウェイダオチョウドウフー)

臭豆腐が苦手な人でも大丈夫、とはよく聞かれるセリフだがここは本当に大丈夫。「脆(ツイ)」を選ぶとサックサクで臭みはほとんどない。付け合わせの白菜漬けもおいしい。小45元、大60元。

5.南部口味番茄盤(ナンブーコウウェイファンチエパン)

トマトをざく切りにして生姜汁と砂糖をブレンドしたタレをつけていただく南部の料理。干し梅を粉末状にした「梅粉」をかけると甘みが増しておいしい。

6.鮮奶覇(シエンナイバー)

ミルク系ドリンクの店。バナナミルク、パパイヤミルクなど定番のほか、フルーツ3種のブレンド+ミルクも。

7.撈金魚(ラオジンユー)

金魚すくい。ポイがやたら薄くて弱いうえ、水流が強くてさらに破れやすい。ポイ1本30元。

8.好多味香腸(ハオドゥオウェイシャンチャン)

もち米のソーセージでフランクフルトを包んだ、いわゆる「大腸包小腸」。こちらも行列の人気店。1本60元。

9.蚵仔之家(クーザイジージャー)

カキを使ったメニューを提供する食堂。定番カキ入りオムレツ「蚵仔煎」とカキ入り餃子「蚵仔餃」は各60元、カキフライ「蚵仔酥」は160元。

10.小米甜甜圏(シャオミーティエンティエンチュエン)

アワを挽いた粉で作るドーナツ。原住民のレシピらしい。生地がモッチモチで甘さ控えめ、思わず「もう1個!」と叫びたくなるうまさ。

関連Topics

  1. 【読者モデル体験リポート】104美容サロンで「ピコNo.1レーザー&プレミアムピコレーザー」

  2. 世界4位の職人たちが作る本格ナポリピザ――イタリアン「BANCO」

  3. 【特集】さあ、台湾の駅舎をめぐる旅へ出かけよう③

  4. 【読者モデル体験リポート】三葉足体養身館で足湯+足裏+全身マッサージ 130分

  5. 【かき氷】冬にマンゴーかき氷が食べたくなったらココへ!幸春三兄妹

  6. メニューはチキンライスのみ!大行列の慶城海南鶏飯

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA