レコードと共にゆっくりとした時間を楽しむ【Tom Waits Cafe】

「トム・ウェイツ」といえばアメリカのおじさんミュージシャンだが、その名前を冠したカフェが台北市内にあると聞いて心が震えた。案の定、オーナーの黄さんは無類の音楽好きでコーヒー好き。

かつてレコード会社に勤めていたが事故でケガを負い、退職してこの店を開いたのが2004年のことだそうだ。

店内にはびっしりとレコードやCDが並び、ほしい人には譲る。

「どうしても手放したくないものは隠してあるんだ」とはにかむ黄さんはさらに料理も好きで「うちはカフェというより食事がメイン」と言う。

メニューは台湾の家庭料理で、メインとおかず3品、コーヒーか紅茶が付いて250~280元。

豚挽肉の醤油煮込みをごはんに乗せた「肉燥飯」や角煮ごはん「控肉飯」、漢方「当帰」を使って鴨肉を煮込んだ素麺「当帰鴨麺線」。

メニューは毎日市場で仕入れたもので決まり、手書きで店内に貼り出し、Facebookにもアップする。

一番人気は黄さんお手製の「鮭フレーク」を載せた「鮭魚飯」で、これがあると知ると近隣に住む人だけでなく、市内のあちこちからファンがやってくる。

トム・ウェイツの渋い歌声に包まれ、黄さんの料理に舌鼓を打とう。

info

住:士林区忠誠路二段118巷11弄11號

電:02-2875-6369

営:12時~14時半、17時半~21時(土日は休みなし、月曜休み)

FB:tomwaitscafe

関連Topics

  1. 永康街に20年、昭和の雰囲気が漂うカフェ【珈琲時光】卡瓦利義大利咖啡館

  2. 【食道をゆく】豆漿(ドウジャン、豆乳)~安徽省淮南市~

  3. 地元民に大人気の魯肉飯(ルーロウファン)台湾ソウルフードの名店

  4. 【かき氷】若者に大人気のおしゃれなお店♪金鶏母JingiMoo

  5. 【かき氷】地元民に愛され100年つづく龍山寺の老舗店!老舗八寶冰龍都冰菓專業家

  6. 古い病院をリノベートしたカフェ【珈琲時光】保安捌䦉(バオアンバースー)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA