すみません(不好意思)だけじゃない店員さんの呼び方教えて!

店員さんを呼び止めるには?

レストランや雑貨店、デパート、観光で訪れる場所は星の数ほどあるが、つい最近観光客がこんなことを言っているのを耳にしたんだ。

「えーっと、店員を呼ぶにはなんて言ったらいいんだろうね?」。

日本だと「すいません」、これが一番便利で多用できるマジックワードだが、本来は謝罪の言葉だ。「すみませんが…」と続くのが正しいわけだが、じゃあそれは中国語だとどう表現するんだろう?

実は台湾でも「すいません」に当たる「不好意思(ブーハオイースー)」が便利に使われている。

これはわりと最近になって聞かれるようになったんだが、以前は女性の店員なら「小姐(シャオジエ)」や「美女(メイニュー)」、男性には「先生(シエンション)」や「帥哥(シュワイグー)」と言った呼び方が一般的だった。

小さい店ならズバリオーナーのことを指す「老闆(ラオバン)」と呼ぶのがいいだろう。もしその人が老闆でなかったとしても、「お、オレが老闆に見えるのか?」なんつって気を良くしておまけしてくれるかもしれないぞ!

ちなみにタクシーの運転手は「先生」や「司機先生(スージー)」だが、台湾語では統治時代の名残で「運将(ウンチャン)」と言うんだ。ぜひ使ってみてくれよな!

関連Topics

  1. 台湾人がいつでもどこでも持ち歩く水筒の秘密

  2. 【台湾観光】体験!見学!試食!1回で3度おいしい大人の工場見学!!②

  3. 森永キャラメルがミルクティーになった!

  4. 台湾のおばあちゃんがプロデュース!足裏樹液シート

  5. 台湾限定!!スターウォーズパック

  6. 台湾のクーラーで風邪に注意!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA