【台湾観光】体験!見学!試食!1回で3度おいしい大人の工場見学!!①

~見て作って食べられるおいしい工場見学!~

 日本でもお出かけスポットのひとつとして大人気の工場。

普段なかなか入れない工場で様々な製品を作る様子を見られるうえ、試食や試飲、D.I.Yまで用意しているところも。

 今回は根強い人気を誇る工場や、台湾ならではの製品を作っている工場までバラエティ豊かにご紹介!

1.KAVALANウイスキー工場 金車噶瑪蘭威士忌酒廠(ジンチャーグーマーランウェイスージージウチャン)

大自然が育む世界最高峰のウイスキーオリジナルウイスキーを作ろう

「Mr.Brownコーヒー」で知られる台湾の食品メーカー「金車」のウイスキー工場。

「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」に選ばれ、世界的にその名を知られるウイスキーだが、

観光客に一般開放する蒸留工場はここだけ!

海外のワイナリーなどから仕入れた樽を乾燥させ、内側を焼く作業は危険なのでガラスの外から見学

樽に詰めるウイスキーの種類によって、焼く温度や時間も変わってくるのだそう。

スコットランドから仕入れた銅製の蒸留器(ポットスチル)

2008年12月17日に作られた21本目の樽

圧巻の熟成貯蔵庫! どんなに強い地震が来ても大丈夫なのだとか

隣の建物2階でD.I.Y体験!

※先に1階受付で体験費1500元を支払い予約のこと

4種類をテイスティングする〝利きウイスキー〟が楽しめる。品評員になりきって、それぞれの特徴を見つけ出そう

3種類のウイスキーを混ぜて好みの味を創り出す

マイウイスキーは瓶に詰めラベルを貼って箱に入れてもらえる

ウイスキーやビール味のジェラートも食べ逃しなく

1階のショップでは限定品も

【info&アクセス】

住:宜蘭縣員山郷員山路二段326號

電:03-922-9000(#1104)

営:9時~17時

URLwww.kavalanwhisky.com

入館料:無料

D.I.Y体験費:1500元

アクセス:台湾鉄道で「台北」駅から「宜蘭」駅まで約1時間、218元。

または台北駅隣のバスターミナルから高速バス「1915」、「1916」で1時間20分、140元。

宜蘭駅からはタクシーで約20分、乗車賃は270元程度

帰りは正門を出てすぐ左のバス停から宜蘭駅までのバスを利用するか、スタッフに頼んでタクシーを呼んでもらおう。

2.郭元益伝統菓子博物館 郭元益糕餅博物館(グオユエンイーガオビンボーウーグワン)

創業150年、天秤棒の振り売りから始まった老舗菓子店

 1867年創業の老舗菓子店。

創業者が福建省から台湾へ移り住み、小さな店を開いた。

当時からもっぱら婚礼など祝い事の際に用意する菓子を売る店として愛されている。

 台湾でも指折りの老舗で、かつては婚礼の際に両家が用意する「喜餅(シービン)」を専門に取り扱う店だったそう。

初代は天秤棒に乗せて振り売りをしていたのが、今の博物館所在地に店を構えることになり、徐々に店を増やしていった。

 現在は創始店跡地にビルを立て替え、1階がショップ、4~5階を博物館とD.I.Yスペースにしている。

パイナップルケーキD.I.Yはメールまたは電話から予約のこと(日本語可)。

予約時間に行ってまずD.I.Yに参加、ケーキを焼いている間に館内参観という流れ。

また4階に併設のショップエリアでは、入館料引き換えにもらえる50元分のクーポン利用OKとお得。

5階では伝統的な婚礼の様子を展示

かつて販売していた婚礼用の「喜餅」

伝統衣装で即席変身写真撮影も

【D.I.Y】

D.I.Yは土日と火曜を除く9時~と13時~。

20人以上集まれば開講してくれるので、ゆとりのあるスケジュールで臨みたいところ。

約1時間でパイナップルケーキを作り、30分で参観ガイドツアー、30分で同店の人気商品数点を試食できるおやつタイム。

焼き上がったら1個試食、残りを包装して持ち帰れる。

今日は日本のほか、韓国や香港、欧米からの旅行者も参加。

3人の通訳がスタンバイ!

パイナップル餡を皮で包んでいく

可愛らしい落雁と烏龍茶でおやつタイム

先生が見回って丁寧に教えてくれる

 

表面に好きな絵や文字を描いてOK

焼き上がったパイナップルケーキは1個試食して9個を箱詰め。

手作りなんて初めて!とみなさん顔を輝かせてました♪

 

【info&アクセス】

住:台北市士林区文林路546號4樓

電:02-2838-2700(#457)

営:9時~17時半(春節休み)

URLwww.kuos.com/museum

入館料:50元

D.I.Y体験費:350元(入館料込み、要事前予約)

アクセス:

MRT淡水線(赤ライン)で北へ。「士林」駅で降り、1番出口を出て一路北方向へ歩き、「前街」を左、1本目「文林路」の交差点。徒歩約5分。

関連Topics

  1. 【読者モデル体験リポート】活泉足体養身世界で全身リンパマッサージ+足裏

  2. 【小籠包】リーズナブルでレトロな雰囲気!杭州小籠湯包

  3. 【食道をゆく】餛飩(フントゥン)~中国北京市~

  4. 【特集】インスタ映え必至!Love Photogenic Sweets

  5. 【特集】全部ほしくなる! マストバイ! マステ!

  6. 【読者モデル体験レポート】美顔工場-Facia Ginza-で「小顔矯正+美肌ケアコース」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA