【特集】嗚呼、いにしへの台湾雑貨30選。

昔から使っているものを愛する台湾には、レトロな雑貨屋さんがたくさん。
台湾人にとって生活に欠かせない伝統的なアイテムを見つけに行こう。
あなたの心に残る一品に出会えるかも。

キッチン用品やテーブルウェアはかつて日本から持ち込まれたものも多いため、どことなく「昭和」っぽい雰囲気が漂っています。「あーこれ、昔ウチにあったー」なんて言いながら手に取って、そのまま持ち帰ってみては?

木製曲げわっぱの弁当箱 250元。冷めてもご飯はふっくら

食卓用虫よけネット(竹編菜罩) 150元/中。サイズは大中小あるので、好きなサイズが選べる!

食卓用虫よけネット(竹編菜罩)つい被りたくなる…けど本来の用途は違います

ホーローのカップ 150元。レトロな花柄のホーローカップはインテリアにも

ロゴ入りグラス 100元。台湾ビールや黒松沙士など台湾ブランドは次々とデザインをリニューアル

ホーローのプレート 300元。昭和を生き抜いてきたホーローは軽くて強度も抜群

ステンレス弁当箱 250元。そのまま電気鍋や蒸し鍋に入れて温められるのが利点だそう

大同電鍋2000元/6人用。台湾人の台所に必ず1つはあるのがコレ。サイズも様々、値段も比較してお気に入りを見つけよう

皿用トング(碗夾)39元。お皿ごと蒸したりする料理が多いせいか、こちらも御用達のツール

 
 
 

2.ハウスウェア

台湾の街を歩いていると、みんな同じスリッパを履いてる! みんなあのバッグ持ってる! と、よく見かけるアイテムがたくさん。

野菜買い物袋(茄芷袋) 49元。「古早袋」とも呼ばれるシマシマバッグはサイズも色合いも豊富でお役立ち

ビニール製買い物袋(花袋) 29元/3号。市場や雑貨店でよくもらうあの袋は、ザ・台湾らしさにあふれていると人気なのだとか

蚊取りラケット(電蚊拍)129元。電池式に充電式、電気の強さなど機能も値段もピンキリ

赤青サンダル(藍白拖) 80元。意外と安くないのね、との声をよく聞きますが、わりとモノがよくて長持ちするんです

竹製ゴミ箱 280元/大。空気が通るので、ゴミ袋をセットしやすい!

ビニールテープカゴ 110元/小、450元/大。観光客に大人気! 梱包用PPバンドで編んだビニールカゴは超丈夫で水濡れも問題ナシ。どんどん新しいデザインが生まれているので何度買ってもほしくなる!?

ジュート編みカゴ 500元。クラシックなジュート製のカゴバッグ。これならお出かけにも使えそう

 

3.文房具

レトロさを残したままオシャレにアレンジされた文具が人気の台湾。でもその中でホンモノのレトロな商品もまだまだ健在。

白金牌ボールペン 6元。日本にも同じ名前のメーカーがあるけどこちらは別物だそう

漢字&アルファベット書き取りノート 5元、7元。留学生の漢字の練習にもおなじみ

牛皮紙封筒 16元/12枚、24元/50枚。全然オシャレじゃないところがカワイイ!?

計算用紙 20元、25元。ただの白紙ノートだけど、驚きのお買い得感

紅包袋 29元/20枚。お年玉もご祝儀にも!

 

4.衛生用品

おばあちゃんが昔使ってた、と台湾っ子が口々に言うこれらのアイテム。今でも根強いファンは多いようで、どこの店にも置いてある。

白花油&緑油精 各95元

頭痛に、鼻炎に、喘息に、乗り物酔いにと万能なオイル

花露水 89元。唐代からある香水。今では虫除けに使われています

歯磨き粉(蒂克牙膏) 90元。中身はピンクの粉。リステリンのような刺激的な香りで、殺菌力も高そう…

ヘチマ化粧水(葉瓜水) 59元/50cc。日本でも定番のヘチマ化粧水。スプレータイプを常備するのがオススメ

 

金興發生活百貨(ジンシンファーションフオバイフオ)
チープな雑貨をお探しなら、生活雑貨店やスーパー。文具や美容系グッズまでありとあらゆるものが揃っている。師大路39巷4-10號の店舗は学生街にあり文具が豊富。

(info)
住:中山区南京西路5-1號
電:02-2100-2966
営:9時半~23時半(土日は11時半~)
U:www.jsf.com.tw

勝立生活百貨(シェンリーションフオバイフオ)
こちらも生活用品全般を扱い、深夜まで営業。工具系や家電も多く揃えているので、夜中に「延長コードがほしい!」といったニーズにも。雙城街21號、復興南路二段291號にも店舗あり。

(info)
住:中山区吉林路133號
電:02-2511-2803
営:9時~翌1時

光南大批發(グワンナンダーピーファー)
金興發、勝立と並ぶ地元民の御用達雑貨店。こちらはチープな家電小物やIT周辺機器も多く扱っているので、台湾のトレンドを追うにもぴったり。羅斯福路四段114號にも店舗あり。

(info)
住:中正区許昌街40號
電:02-2311-0528
営:10時半~22時半
U:knn.com.tw

高建桶店(ガオジエントンディエン)
カゴというカゴ、竹で編めるものならなんでも! というくらい大量の品揃え。近年観光客に人気なのは梱包用PPバンドで編んだカラフルなカゴバッグ。

(info)
住:大同区迪化街一段204號
電:02-2557-3604
営: 8時~20時
U:goo.gl/UZnMm4

秦境老倉庫(チンジンラオツァンクー)
迪化街から1本東側の公園脇、骨董を扱う専門店。30代~なら「懐かしい!」と思えるものがたくさん。とにかくゴチャゴチャしているので根気よく掘り出し物を探してみて。

(info)
住:大同区民樂街153號
電:0921-067-050
営:13時~18時(日曜休み)
U:goo.gl/Ahv7oQ

大華源豐行(ダーホアユエンフォンハン)
こちらも竹製品を中心に、台湾では「野菜袋」と呼ばれるカラフルなボーダートートを種類豊富に置いている。スキレットも近年の人気商品になっているとか。

(info)
住:大同区迪化街一段161號
電:02-2553-0482
営:10時~19時
U:goo.gl/isSk38

永興農具工廠(ヨンシンノンジューゴンチャン)
店頭に大きな刃物が並ぶ様は一見迫力があるが、中に入ると竹や鉄製の生活用品で埋め尽くされている。小ぶりの鉄製鍋は重いがしっかりしていて長年使えそう。

(info)
住:大同区迪化街一段288號
電:02-2553-6545
営:8時~18時半
U:goo.gl/S8vCU7

意思意思(イースーイースー)
英語OK、日本語もかなり話せる女性オーナー・Nanaさんがセレクトしたビンテージ食器や雑貨が並ぶ。金土日のみの営業で、様々な手芸ワークショップも開催。

(info)
住:大同区南京西路64巷16-2號2階
電:02-2553-6545
営:14時14分~21時
FB:nostalgicfuture1414

昭和町文物市集(シャオフーディン)
日本統治時代に「昭和市場」の名で親しまれ、1984年にリニューアルした骨董・民芸品を扱う市場。アングラな雰囲気が漂い、古いものに囲まれてどことなく落ち着ける。

(info)
住:大安区永康街60號
営:14時~21時
U:www.tcma.gov.taipei

関連Topics

  1. 【かき氷】芒果恰恰MANGO CHA CHA

  2. 都会の喧騒を忘れさせてくれる隠れ家カフェ【珈琲時光】吉印咖啡 (ジーインカーフェイ)

  3. 台北の人気店の味をお土産に

  4. 景美駅近くの老舗喫茶店【珈琲時光】聞山珈琲 (ウェンシャンカーフェイ)

  5. 【かき氷】芒果皇帝

  6. レトロ可愛い!つい大人買いしちゃう台湾ローカル文具

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA